セラミックス 事例一覧

マシナブルセラミックス加工事例

マシナブルセラミックスの加工事例を紹介します。

マシナブルセラミックスは切削加工ができ、加工性がセラミックスと比較して大変良好ですので、微細・精密加工に適しています。また、少量の試作にも適しています。種々の特性を持った素材が素材メーカーより販売されており、お客様のご要望に合わせた素材を選定し購入して、加工を行います。

マシナブルセラミックス加工事例

項目 成分 含有率(%) ビッカース硬度(HV)
(GPa)
曲げ強度
(MPa)
最高使用温度
酸化雰囲気
(℃)
最高使用温度
真空中(℃)
線膨張係数
(×10-⁶/℃)
熱伝導率
(W/(m・K))
素材商品名
マセライトSP フッ素
金雲母
- 2.2 110 1,000 1,200 9.3
RT~400℃
1.6
ホトベール フッ素
金雲母
ZrO₂
- 2.2 150 1,000 1,000 7.8
RT~800℃
1.5
マコール SiO₂
MgO
Al₂O₃
46
17
16
2.2 >94 1,000 800 9.3
RT~300℃
1.4
N-1 BN >99 ショア硬度12(HS) 30 950 2,000 -1.4
RT→1000℃
63
BA-2000 AlN
BN
80
20
ショア硬度40(HS) 120 950 1,950 5.4 95
SBN30 Si₃N₄
BN
30
70
ショア硬度48(HS) 140 950 1,500 2.0 33
SBN50 Si₃N₄ 50
50
ショア硬度69(HS) 270 950 1,500 2.6 47
シェイパル
Hi M-Soft
AlN
BN
- 3.8 300 1,000 1,900 4.4 90

※詳しくは弊社加工材質ガイドをご参照ください。

素材特性を利用した用途

項目 特徴 用途
加工性 ・機械加工性が優れるので微細・精密加工がしやすい ・高温での治工具部品
・シリコンと線膨張係数を合わせた治工具
・急加熱、急冷の工程部品
・高温環境下での絶縁部品
硬度
強度
・硬度、強度は全般的にセラミックスより劣る
最高使用温度 ・主成分がBN、Si3N4、AlN系のものは高い
熱膨張 ・マイナス膨張から大きなものまで、幅広くある
・BA-2000、Mソフトはシリコンの値に近い
耐熱衝撃性 ・BN、Si3N4、AlN系のものは高い
絶縁耐力 ・素材により高いものがある

※一般的に素材費が割高なので、小物サイズの製品が多い。

加工可能なサイズ

項目 サイズ(mm) 項目 サイズ(mm)
板 寸法 □300×t50(素材による) 穴径 Φ0.01~
丸棒寸法 Φ50×300(素材による) 穴深さ ~300
幅0.03~ 穴数 ~10,000
段差(凹凸) ~50 ネジ M1.2~

※製作可能な素材サイズによります。