ニッケル加工事例

純ニッケルとニッケル合金の加工事例を紹介します。

純ニッケルは苛性ソーダ・塩素ガス等に優れた耐食性を示します。また、純Niは融点が1433℃であり、耐熱性にも優れています。

インバーはニッケル36%、鉄64%で構成される合金です。常温付近での熱膨張率がほぼ0に近い特性を持っています。その特性により、インバー(Invar)はInvariable steel(変形しない鋼)から名付けられました。インバーより熱膨張率が低い特性を持つスーパーインバーもあります。

コバールはニッケル29%、コバルト17%、鉄54%で構成される合金です。常温付近での熱膨張率が金属の中で低く、硬質ガラスに近いため、主に硬質ガラス封着用に用いられます。硬質ガラス以外にも、セラミック封着用、電子管、電子部品などで接合部材として使用されることもあります。

純ニッケル・ニッケル合金の代表的な特性

項目 純度
(%)
嵩密度
(g/㎤)
ビッカーズ硬度
(GPa)
ヤング率
(GPa)
融点
(℃)
線膨張係数
(10-⁶/℃)
熱伝導率
(W/(m・K))
体積抵抗率
(Ω・㎝)
材質
Ni 99.0 8.88 0.638 200 1433 12.9
(RT)
72.7 9.2×10-⁶
インバー Ni 36%
Fe 64%
8.12 168 140~150 1426 1.2~2.0 13 75~85×10-⁶
コバール Ni 29%
Fe 54%
Co 17%
8.0~8.3 1.5~1.6 159 1,450 5.2~6.2
(RT)
17
(20℃)
49×10-⁶
(20℃)

※詳しくは弊社加工材質ガイドをご参照ください。

素材特性を利用した用途

項目 特徴 用途
耐食性 ・純Niはアルカリ・窒素ガスに対する耐食性が高い ・苛性ソーダ製造装置用材料
磁気特性 ・純Niは透磁性が非常に高い ・電波遮蔽材
・トランスデューサー
低熱膨張 ・インバーは室温での熱膨張率がほぼ0に近い ・時計の振り子
・液化天然ガス(LNG)のタンク、パイプ
・ブラウン管シャドーマスク
コバールは硬質ガラスに熱膨張率が近い ・ガラスとの封着
・セラミックスとの封着
・光通信関連
・真空管関連

加工可能なサイズ

項目 サイズ(mm) 項目 サイズ(mm)
板 外寸 500×800×30 穴径 Φ0.03~
丸棒 外寸 Φ100×500 穴深さ ~300
幅0.1~ 穴数 ~10,000
段差 ~100 ネジ M1.2~

純ニッケル・ニッケル合金加工事例