セラミックス 事例一覧

炭化ケイ素加工事例

炭化ケイ素の加工事例を紹介します。

炭化ケイ素は、良好な熱的特性、耐薬品性を利用しての用途に多く使われています。
また、炭化ケイ素の基材にシリコンを含浸したMMCも、その良好な熱的特性での用途で製品を多く加工しています。

炭化ケイ素の代表的な特性

項目 ビッカース硬度
HV(GPa)
曲げ強度
(MPa)
破壊靭性
(MPam¹/²)
線膨張係数
(×10-⁶/℃)
熱伝導率
(W/(m・K))
耐熱衝撃温度(℃) 絶縁耐力(kv/mm) 耐摩耗性(ブラスト摩耗量)
(μm)
素材名
化学式
炭化ケイ素
(SiC)
24 500 3 2.9 150 450 25 1.6

※詳しくは弊社加工材質ガイドをご参照ください。

素材特性を利用した用途

項目 特徴 用途
高強度 ・非常に硬く、キズが入りにくい。 ・キズを嫌う部品
 トレイ、ベース
最高使用温度
低熱膨張
高熱伝導
高耐熱衝撃性
・高温で使用できる。
・線膨張係数値が小さく、昇温してもソリ、歪みが小さい。
・熱伝導率が高く、熱を伝えやすい。
・急加熱、急冷に強い。
・温度の影響を小さくしたい部品
・熱伝導が必要な部品
 ヒーター周辺部材、放射板
良好な耐薬品性 ・酸、アルカリ、反応性ガスに強い。 ・薬品に曝される部品
・酸、アルカリで付着物を除去したい部品

加工可能なサイズ

項目 サイズ(mm) 項目 サイズ(mm)
板 寸法 Φ400×t20 穴径 Φ0.1~
丸棒寸法 Φ50×300 穴深さ 20D(~Φ1.5)、200(Φ1.5~)
幅0.1~ 穴数 1~100
段差(凹凸) ~30 ネジ M2~