タングステン加工事例

タングステンの加工事例を紹介します。

タングステンは、高い耐熱温度などの熱的特性や高い放射線遮蔽特性などに優れ、その特性を活かした用途に使われています。
加工性は、工具摩耗や製品でワレ、カケが発生し易く難易度が高いため、独自の切削技術を要します。弊社では長年の経験より加工技術を確立しています。
素材を社内在庫しており、短納期対応が可能です。

タングステンの代表的な特性

項目 純度
(%)
嵩密度
(g/㎤)
ビッカーズ硬度
(GPa)
ヤング率
(GPa)
融点
(℃)
再結晶温度
(℃)
線膨張係数
(×10-⁶/℃)
熱伝導率
(W/(m・K))
化学式
W 99.95~ 19.3 4.2 403 3,422 1,150~1,350 4.5 168

※詳しくは弊社加工材質ガイドをご参照ください。

素材特性を利用した用途

項目 特徴 用途
高い耐熱温度
低熱膨張
高熱伝導
・融点が3,422℃と大変高く、高温下で使用できる(非酸化性雰囲気)。
・熱膨張係数が低く、歪み、ソリが発生しにくい。
・セラミックスのAlN、Al2O3などと、熱膨張係数が近い。
・熱伝導率が高く、熱伝導効率が良い。
・熱間で使用される部品。
・ヒーターや端子部品。
・熱伝導効率が要求される部品。
・放熱用途。
・放射線遮蔽部品。
・質量が必要な部品。
放射線の遮蔽 ・放射線が遮蔽できる。
高密度 ・嵩密度19.3と高く、単位体積当たりの重さが大きい。
耐薬品性

加工可能なサイズ

項目 サイズ(mm) 項目 サイズ(mm)
板 寸法 400×600×30 穴径 Φ0.1~
丸棒寸法 Φ100×300 穴深さ ~300
幅0.2~ 穴数 ~300
段差(凹凸) ~100 ネジ M2~