ニオブ加工事例

ニオブの加工事例を紹介します。

ニオブは耐熱金属の中で比較的加工性が良く、タンタルほどではありませんが、高い腐食耐性を持ち、耐熱温度が高く、タンタルに比べて素材が安価です。

ニオブの代表的な特性

項目 純度
(%)
嵩密度
(g/㎤)
ビッカーズ硬度
(GPa)
ヤング率
(GPa)
融点
(℃)
再結晶
温度
(℃)
線膨張
係数
(10-⁶/℃)
熱伝導率
(W/(m・K))
体積
抵抗率
(Ω・㎝)
化学式
Nb 99.95~ 8.47 0.5~0.8 103 2,415 900

1,400
7.1
(RT)
52
(20℃)
14.1×10-⁶
(20℃)

※詳しくは弊社加工材質ガイドをご参照ください。

素材特性を利用した用途

項目 特徴 用途
高い耐熱温度
超伝導特性
高い腐食耐性
高い生体適合性
・高温下で使用できる。
・耐腐食性が必要な環境で使用できる。
・熱間で使用される部品
・精度が要求される部品
・耐腐食性が要求される部品
・超電導磁石・超電導線
良好な加工性 ・機械加工性が良く、複雑な形状も加工が可能である。
・タングステン、モリブデンより溶接性に優れている。
耐薬品性

加工可能なサイズ

項目 サイズ(mm) 項目 サイズ(mm)
板 外寸 500×800×30 穴径 Φ0.03~
丸棒 外寸 Φ100×500 穴深さ ~300
幅0.1~ 穴数 ~10,000
段差 ~100 ネジ M1.6~

ニオブ加工事例

  • まだ記事はありません。